食材のローテーション

日が昇る感謝

ラジオなども常備しておくべきアイテムです。
電池やバッテリー他、発電機や充電装置も必要です。
いつでも情報は大切なものですが、避難所に避難できても、全く世間の様子がわからない状態になる人もいて、精神的不安も大きいです。
共有する情報やニュースを必要とする非常時です。
個人的に事情があって車で避難生活する場合や、数名の少人数での孤立してしまった非常時も、スマートフォンなどの情報端末が頼りです。
環境を必ず準備しなければならないので、備蓄用の電池やスマートフォンの充電器等も確認しましょう。
情報収集のツールに確実に対応できる環境を考えておきましょう。
防災ラジオとしての機能がある懐中電灯等の一体型のグッズや、手動レバーで発電可能なもの等も調べておくと安心です。

助けを呼ぶこと

災害の後の避難時に役立つアイテムは、ホイッスルです。
大型豪華客船の映画でも、投げ出された海上に漂い体力消耗で自力で助けも呼べなくてもホイッスルを吹くことはできました。
少しでも早く、必ず救助隊に気づいてもらうためにはホイッスルが役立ちます。
人の大声でも聞こえないこともあり、ヘリコプターや重機の爆音でとても聞こえそうにありません。
思わず買ってしまうのは、長時間使えるランタンかもしれません。
避難時に明かりはなくてはならないもの。
昼でも停電で暗い所での避難生活になることもあります。
両手が使えるヘッドランプ等も役立ちます。
アウトドアのアイテムを活用するのもアイデアです。
寝袋やマットでどのような避難生活になっても、一応は状況が想像できれば、自分は安心。
睡眠もとっておくことでの健康維持ができ、精神的にも少しでも前向きになれるかもしれません。


▲ TOPへ戻る